性病になったけど病院に行けないときの対処法

性病の種類にもよりますが、性病になったら病院で治療をするか、市販の薬で治す以外にはありません。

まずは、性病の種類の確定をすることが大切です。

まずはどの性病か知ること

性病になったのはわかったのに、事情があって病院に行けない!という場合もありますよね。

でも、手遅れになる前に早い段階でどの性病に感染しているのか正確に知っておく必要があります。

早期に適切な対処をすることによって、治るまでの期間や検査や治療にかかる費用がぐっと抑えられます。

もし、ひどく症状が出ている場合は早急に病院へ行くことをおすすめします。

性病の確定

病院に行けないのであれば、自宅で簡単に調べられることができる、性病検査キットを使います。

私のおすすめはリーズナブルで検査期間も早いさくら検査研究所です。

どの性病にかかっているのかを確定することによって、早く治療を行うことができ、費用も安く抑えられます。

さくら検査では提携している病院が全国にあるので、検査後はそのままお近くの病院で治療を行うことができます。

>>実際にさくら検査の性病キットを使ってみたレビューを見る

性病が判明したら適切な治療をする

どの性病にかかっているかわかったら、適切な方法で治療をしていきます。

性病には抗生物質の投与などがありますが、その抗生物質にもさまざまな種類があります。

市販の薬を選ぶのには注意が要りますが、病院で貰う薬なら安心して使用できるので、病院へ行くことをおすすめします。

さいごに

性病に感染したことがわかったら、遅かれ早かれ病院に行くことになるので、早めに受診をしてください。

どうしてもすぐに病院に行けない場合は、せめて性病の種類だけでも把握しておくと検査の時間や費用が短縮できるので、経済的にも健康のためにもいいですよ。

>>実際にさくら検査の性病キットを使ってみたレビューを見る

>>さくら検査研究所がおすすめな6つのポイント