エイズ(HIV)に感染すると死亡する?エイズの原因と症状

「Deep Love~アユの物語~」と「神様もう少しだけ」というドラマをご存知でしょうか。

両方女子高生が援助交際をしてHIVに感染するドラマです。

当時は衝撃を受けて意識をしていましたが、最近は若者の性感染症に関する意識が薄くなっている気がします。

HIVとエイズは同じものと思われている人がいますが、病原体のHIVに感染し、発症したものが後天性免疫不全症候群(AIDS)です。

今これを読んでいる人も今潜伏期間なんてことも・・・?

>>実際に痛くないHIV検査キットを使ってみたレビューを見る

 

エイズってどんな病気?

エイズとは、後天性免疫不全症候群というHIV(ヒト免疫不全ウイルス)に免疫細胞が感染し、破壊して細菌に感染しやすくなる病気です。

感染しても2~4週間は症状がなかったり、インフルエンザに似た症状が出たあと5年~10年間症状のない潜伏期間に入ります。

その間もHIVウイルスは体内で増え続けて免疫力が低下してエイズを発症。

さらに免疫力低下により、他の性病にも感染しやすくなります。

HIVウイルスに感染するとどうなる?

HIVは人の免疫細胞に感染すると、免疫細胞を破壊。感染後3段階の期間を経て免疫不全を引き起こします。

急性感染

感染後はインフルエンザのような症状が出ます。

高熱や多発性神経炎、無菌性髄膜炎、脳炎の症状が出る場合もあるけど、他の病気でも同じような症状が起こることからHIV感染と判断するのは難しいです。

無症候期

HIVに感染後のインフルエンザに似た症状が治まり、人に寄りますが5年~10年は無症状になります。

多くの人は風邪が治ったと思って通常通りの生活に戻りますが、体内ではHIVウイルスは増殖を繰り返します。

CD4陽性T細胞という免疫担当細胞が作られますが、ウイルスはその細胞に感染、破壊。

発病期

CD4陽性T細胞が減少すると、身体的に免疫低下。

全身の倦怠感、体重の急激な減少、下痢、過労、帯状疱疹、過呼吸、めまいなど、また風邪によく似た症状の発熱、のどの炎症、咳などの症状が出ます。

顔や全身に脂漏性皮膚炎が見られること鬼は検査結果がHIV感染と判明してきます。

その後は日和見感染、ニューモシスチス肺炎、カボジ肉腫、悪性リンパ腫、悪性腫瘍などの危険な症状も出てきます。

HIVの感染経路

HIVは性的感染、母子感染、血液感染により感染します。

性的感染

HIVの感染の8割は性的感染です。

性的感染とは通常のセックスでも感染しますが、肛門での性交はより腸粘膜に届きやすくHIV感染リスクが高い。

また、別の性病に感染していて膣内に炎症がある場合も感染リスクが非常に高くなります。

HIV感染者にクラミジアに同時に感染者している人はかなり多いです。

母子感染

妊娠中に感染しているとそのまま胎児に、出産時の産道で、また母乳は血液からできているので授乳時の感染という3パターンがあります。

出産時は帝王切開をすることで母子感染を防ぐという方法が取られています。母乳からの感染はミルクで対応。

子宮内での感染は物理的に遮断ができないため、回避は難しいとされています。

血液感染

注射器の使いまわしや輸血、傷など、感染者の血液が血液中に侵入することで感染します。

医療事故は器を付けようがありませんが、現在医療現場では輸血前に全ての血液がHIV感染しているかどうかが検査されているため、感染の危険性は低くなっています。

>>実際に痛くないHIV検査キットを使ってみたレビューを見る

エイズ=死?

残念ながら、エイズを完治する特効薬は現在の医療ではありません。ただ、HIVに感染しても発症を遅らせる治療はされています。

早期発見、早期治療をするためにも、早めに検査をすることが大切です。

昔はエイズは死に至る病とされていましたが、現在はエイズでの死亡者数は48%減少しています。

早期発見してちゃんと治療をしていれば、発症を遅らせることができるし、エイズ発症後35年以上の生存という事例も確認されています。

完治しない病気にかからないよう、コンドームを付けるなどの予防も忘れずに。

さくら検査の検査キットは痛みが少ない



HIV感染症(エイズ)は血液を採取して検査を行います。

病院で検査をするならいいですが、検査キットを使って自分で針を刺して血を出すって怖いですよね。

さくら検査のHIV検査キットは、通常のモノと痛みを抑えられるHIV検査キットがあります。

痛みを抑えられるピンニックスライトを使っているのはさくら検査だけ!

病院に行くより前に検査したい方、痛み強くない方、自分で血を出すのが怖い方は是非チェックしてみてください。

 

 

>>痛くないHIV検査キット
検査キット費用 税込2,910円
検査項目 HIV

さくら検査痛くないHIV検査キット
さくら検査の痛くないHIV検査キットは「痛くないランセット – ピンニックスライト」というものを使用します。

ピンニックスライトは、金属製の針ではなく、安全性を追求した世界初の植物生まれの樹脂製ランセット針です。従来のランセットより痛みが軽減されるようにはなっていますが、痛みの感じ方には個人差があります。

蚊の針は痛みを感じませんよね?ピンニックスライトは、蚊の針を模倣して作られていて先端がギザギザになっています。

>>詳しい使い方を動画で見る

>>実際に痛くないHIV検査キットを使ってみたレビューを見る

ピンニックスライトはさくら検査だけ

HIVの検査キットは血液を採取するので当然痛みや恐怖がありますよね。でも痛みを軽減できるHIV検査キットは今のところさくら検査研究所だけだそうです。

HIVに感染している疑いのある方で、ランセットを使うのが怖い方、痛くないエイズ検査キットを試してみることをおすすめします。

HIV検査キット通常版もあります



>>HIV検査キット
検査キット費用 税込2700円
検査項目 HIV

通常のHIV検査キットもあります。痛くない方より若干安いので、痛みに強い方はこちらがお得です。

エイズに感染している可能性がある場合はすぐに検査を

現代の医学ではまだエイズを治す薬は出ていません。ですが、感染がわかっていれば発症を遅らせることができます。

発症は個人差がありますが、2年で発病する人もいれば、15年発病しない人もいます。

症状がインフルエンザなどと似ていたり、無症状の潜伏期間も長いため、早めに検査をして感染に気付くことが重要です。

女性で針を刺して検査をするのが怖い方、痛みを軽減したい方はさくら検査研究所の痛くないHIV検査キットがおすすめです。

>>実際に痛くないHIV検査キットを使ってみたレビューを見る