性病に感染するリスク大!風俗で働くメリットデメリット

性病に感染するリスク大!風俗で働くメリットデメリット

風俗で働くということは、性病のリスクとも常に隣り合わせです。

性病に感染するリスクは、日常にもたくさん潜んでいますが、もしもパートナーが性病に感染してしまったら、風俗に行ったのではないかと疑いませんか?

それくらい、風俗と性病は密接な関わりを持っています。

ただ、風俗で働くということは、多くのメリットもあります。

風俗で働くメリットとデメリット、そして働く際のお店選びのポイントなどをご紹介していきたいと思います。

⇛手遅れになる前に!自宅で簡単に受けられる性病検査キットのすすめ

風俗で働く5つのメリット

マイナスなイメージも強い風俗ですが、働くうえでのメリットもたくさんあります。

このことに限らず、何事も良い面と悪い面を持ち合わせているものですよね。

風俗で働くメリットを5つご紹介します。

短時間で高収入

性病に感染するリスク大!風俗で働くメリットデメリット

風俗で働くキッカケにもなる高収入の魅力は、誰もがご存知かと思います。

様々な業種のアルバイトもありますが、それらのアルバイトの時給と風俗のお給料というのは、何十倍も差があります。

短時間で多くのお金を貰えるので、時間も有効活用できます。

手っ取り早くお金を稼ぎたい場合、風俗は最適な仕事と言えるかもしれません。

毎日全額日払い

風俗店では、その日のお給料を即日全額払いしているところがほとんど。

このシステムによって、給料日を待つことなく多額の現金を手にすることができます。

お金もためやすくなりますし、働くうえでのモチベーションアップにも繋がります。

お金がなくてピンチの時も、その日頑張って働いた分のお給料をすぐに貰えるのは、魅力的ですよね。

テクニックの上達

風俗で働いていると、性行為のテクニックが上達します。

どのようにすればお客さんが喜んでくれるのかということを考えるようになりますし、上達すればするほど固定客もつくようになります。

指名されると、当然お給料もアップするので、もっと頑張ろうと思えますよね。

また、毎回接客をする訳ですから、会話をはじめとしたコミュニケーション能力も伸びます。

好きな時間に働ける

風俗店は自由出勤のスタイルなので、好きな時に働くことができます。

副業として働く人も少なくありません。

お金がない時に働く時間を増やしたり、時間が空いた時に働いたりと、自分の中で自由に調整ができるので、精神的な負担を感じることもありません。

この点も普通のアルバイトとは違いますし、大きなメリットと言えます。

お金持ちと出会える可能性も

性病に感染するリスク大!風俗で働くメリットデメリット

風俗店には、富裕層をターゲットにした高級店も存在しています。

高級店で働くことができれば、普段なら絶対にお目にかかることのないようなお金持ちと遭遇する可能性も。

上客に気に入ってもらうことができれば、マンションや車といった高価なプレゼントも夢ではありません。

そこまでの高価なプレゼントとまではいかなくても、ブランド物の財布やバッグなどは、イベント毎に買ってもらえることもあるでしょう。

風俗で働く3つのデメリット

短時間で多額の収入が得られる風俗ですが、世間のイメージは決して良いものではありません。

メリットが多い分、デメリットもあります。

3つのデメリットについてまとめてみました。

周りにバレると印象がよくない

性病に感染するリスク大!風俗で働くメリットデメリット

AVとは違って、映像が残る訳ではないので、風俗で働いていることはバレにくいです。

しかし、万が一、家族や友達、恋人などにバレてしまうと、誰からも良い顔はされないでしょう。

世間のイメージが悪いからこそ、働いている事実を隠しているという風俗嬢がほとんど。

後ろ指をさされることもあるでしょうし、絶縁されてしまうこともあるでしょう。

堂々と紹介できない職業だからこそ、抱えている問題点と言えます。

金銭感覚が麻痺する

高収入であることが、時にはデメリットにも転じてしまいます。

風俗で働けば、高価な買い物をしても、お財布の中がすぐに元通りになりますし、お金もどんどん貯まります。

普通のアルバイトに戻ることはほぼ無理ですし、昼間の仕事に専念しても、出戻りをしてしまう風俗嬢も少なくありません。

何でもお金で解決するようになってしまったり、値段も見ずに買い物をしたり、ギャンブルやホストに多額のお金をつぎ込んだり、と金銭感覚を狂わせることは間違いありません。

そして、一度麻痺した金銭感覚は、元に戻すのも難しいのです。

性病感染

風俗店では、当然のことながら、性的な接触を日々行ないます。

その接触の数だけ、性病に感染するリスクもあるのです。

お客さんのことはイチイチ検査なんてしませんし、それで不特定多数の方と性行為を行なうのですから、性病にかからない方が不自然とも考えられます。

一般人が安全という訳ではないので、イメージもありますが、性病に感染するリスクが高いということは、間違いありません。

関連記事>>>女性がかかる性病・性感染症の種類と症状

働く風俗店を選ぶポイント

風俗店は届け出を出して営業を行なっていますが、これは性病対策を行なっているというものではありません。

風営法では性病をはじめとする衛生面に関しては、規制がされていないのです。

お店できちんと性病検査を行なってくれるところを選ぶ必要があります。

性病に感染するリスクを抱えている職業であるにも関わらず、その点の配慮がされていない店舗があること自体がおかしいのですがそれが現実。

風俗店で働く際は、定期的な検査の有無は、必ず確認しましょう。

関連記事>>>同時感染も多いクラミジアと淋病が同時検査できるキットはこちら

風俗で働くメリットデメリットまとめ

風俗店で働くことのメリットとデメリットについてご紹介させていただきました。

働く風俗店を選ぶ際、性病検査を定期的に実施しているのかどうかということをポイントにしました。

しかし、お店側で検査をさせてくれるのは、せいぜい月に1回の頻度のところがほとんど。

不特定多数のお客さんと性的接触をする割には、少ないですよね。

性病を早期発見するためには、お店の定期検査とは別に、自分でもこまめに検査を行なうことをオススメします。

関連記事>>>さくら検査研究所の性病検査キットを実際に使ってみた口コミレビュー