女性の性病・性感染症(STD)の予防法

男女共に性病にかかりますが、女性の方が感染率が高い性病があります。

女性の性病、性感染症を予防する方法はどんなことなのでしょうか。

性病・性感染症(STD)は予防できる?

性病・性感染症は粘膜の接触により精液・膣分泌液から感染します。

完全に予防するは、性行為をしないことに限りますが、子供を作るのに必要な行為なのでそれ以前に感染しないことが大切。

まずは自分が性病にかからないことが第一ですが、相手に感染させないことも重要です。

コンドームの使用

コンドームを使用することによって、精液や膣分泌液の接触を防ぐことが可能。

ですが、正しい使い方をしていない人が多く、コンドームを使用したのに性病に感染する人が続出しているのが現状です。

コンドームは避妊具としてのイメージが強いですが、実は性感染症予防としても大切な道具です。

特定の相手とだけセックスをする

不特定多数の相手とセックスをすることにより、感染しても誰から感染したかわからない状況に。

さらに自分が感染していることに気がつかない場合は一人から感染し、また別の相手へと感染させてしまいます。

特定の相手の浮気など、防げないこともありますが、自分が特定の相手としかしないことで最低限に防ぐことができます。

体調が悪い時のセックスを避ける

体調不良のときは免疫力が低下していることがあります。

免疫力が低下していると、さまざまな性感染症に感染しやすくなります。

感染しやすくなるだけでなく、すでに感染しているものが発症するきっかけになる可能性も。

セックスの前のシャワーと確認

エチケットとしても、セックスの前は歯磨きしたりシャワーを浴びたりしますよね?

性器だけでなく、人間にはさまざまな菌が付着しているので、汚れを落としてからにしましょう。

歯磨きで口の中を傷つけるとそこから血液感染の危険性もあるので注意。

またシャワーを一緒に浴びる場合相手の性器を確認してみるといいかも。

尿道から膿が出ていたりイボがないかなど確認すること!

外でしない!寝具は清潔に!

清潔な環境ですること。

外でするのは興奮するのはわかりますが、シャワーも浴びれないし性感染症の面ではダメダメです!

例え家の中でもシーツなど不潔な環境でするのは問題外!

自分のためにも相手のためにも綺麗な環境でしたほうがいいとおもうんですけどねぇ・・。

生理中のセックスはNG

生理中は血が出るだけじゃないです。

普段よりデリケートになるので傷が付きやすくなっていて、さらにその血から感染するという可能性もあります。

何よりあんまり気持ちいいものじゃないですよね、血まみれになるし。

性病検査を受ける

定期的に性病検査を受けることによって、自分が今性病なのかどうかを把握できます。

人からうつされていないか確認できるだけでなく、大切なパートナーに感染させないことも大事!

二人して感染した場合は同時に治療をしないとうつし、うつされを繰り返し、ずっと治らないこともあります。

まずは一緒に検査を受けてみましょう!

>>実際にさくら検査の性病キットを使ってみたレビューを見る

>>さくら検査研究所がおすすめな6つのポイント