女性がなる淋病ってどんな病気?無症状の人が多い淋病の怖さとは

淋病はクラミジアと同様、女性がなる代表的な性病の一つ。クラミジアと同時感染というケースがとても多いです。

女性が淋病を放置すると、不妊や子宮外妊娠の原因になります!
取り返しのつかないことになる前に検査と治療をすることをおすすめしています。

このページでは淋病がどんな病気か、予防法はあるのかなどをご紹介します。

淋病とは


強い炎症の淋菌性尿道炎というのは、男性の場合は尿道が狭くなり尿の勢いが低下しポタポタとしかでないことから淋病という名前に。

雨がしたたり落ちるイメージから名前が付けられてるんですね~!

女性は主に子宮頸管に感染し、炎症を起こすので多少おりものの量が増えますが、無症状の人がほとんど。

>>実際にさくら検査の性病キットを使ってみたレビューを見る

女性がなる淋病の感染経路

女性が淋菌に感染するのは性行為。オーラルセックスではのどにも感染します。

また出産時に感染していると母子感染をおこして赤ちゃんにもうつったり、感染者と同じタオルを使用したことによる感染も報告されています。

1回のセックスで感染するのは約3割。女性がかかる性病としても代表的で感染率の高い感染症です。

女性が淋病に感染するとどうなるの?

結論から言うと最悪の場合、不妊症になります。

女性の場合はほぼ症状が出ないため自覚症状がない場合が多く、診断も膀胱炎や膣炎とされることも。

そのためしばらく放置された淋菌は、骨盤の中の膜、卵巣、卵管へ。

そこで最悪の場合は内臓の炎症、不妊症、子宮外妊娠と発展することがあるのです。

また母子感染した場合、赤ちゃんの目で発症することがあり、最悪の場合失明の可能性もあります。

淋病の予防法ってある?

一番の予防法はセックスをしないこと。

二番は特定の相手としかしないこと。

三番はコンドームの着用!

正直この3つしかないと思います。

セックスをしないことって、難しいですよね。子供を作るのに必要な行為だし、好きな人とはしたいもの。

でも2番と3番は自己管理でできると思います。

将来子供を産みたい人は、かかる前にちゃんと予防することが最重要です。

症状がなくても、定期的に検査を受けることをお勧めします。

>>実際にさくら検査の性病キットを使ってみたレビューを見る

女性におすすめの検査キット

さくら検査研究所では、淋病だけを調べるキットがあります。

セックスをした相手が淋病感染者だった場合は淋病の検査キットを使って検査しましょう。

淋病の検査は、STDスワブという器具を使って、膣から分泌物を採取して検査を行います。



>>淋病 女性用
検査キット費用 税込2,700円
検査項目 淋病

STDスワブの使い方

さくら検査研究所クラミジア検査キット
淋病は、STDウワブを膣から直接採取した分泌物を専用の容器に入れて郵送することで検査ができます。
>>STDスワブの詳しい使い方を見る

>>実際にさくら検査の性病キットを使ってみたレビューを見る

さくら検査が最安値の女性用淋病検査キット

A社・・・4,420円(税込)
B社・・・3,600円(税込)
C社・・・淋病単品検査キットなし
さくら検査研究所・・・2,700円(税込)

さくら検査の淋病検査キットは他社と比較してもお手頃価格で購入できます。かなり感染率の高い性感染症なので、定期的に検査することをお勧めしますが、やっぱりコスパいいほうがいいですよね。

赤ちゃんを産めなくなる可能性もあるのですぐに検査を

不妊症や子宮外妊娠の可能性もあり得る淋病。症状が少ないことから検査をしないでそのままにしておくことも多いようです。

取り返しのつかないことになる前に、こまめに検査することをおすすめします。